人気ブログランキング |

佐賀県タイワンツバメシジミ(天然記念物)

2018年9月2日■佐賀県伊万里市大野岳



タイワンツバメシジミ♀

e0194952_19412683.jpg


e0194952_19355947.jpg

e0194952_19441869.jpg


e0194952_19362149.jpg

e0194952_19370255.jpg

e0194952_19364080.jpg

e0194952_19372775.jpg
タイワンツバメシジミ♂
e0194952_19382005.jpg

e0194952_19541115.jpg


e0194952_19385635.jpg

e0194952_19383347.jpg

e0194952_19391950.jpg



e0194952_19350900.jpg
伊万里市の天然記念物指定

成虫・幼虫・卵の採集は犯罪です。

シバハギの花
e0194952_20002200.jpg

e0194952_20000973.jpg
伊万里市ホームページより

タイワンツバメシジミは、翅を広げたときの幅が30mm程度の小さな蝶です。翅の表面が、オスは明るい青紫色、メスは暗褐色です。翅の裏面の模様は、ほぼ雌雄同一で、灰白色に灰色の斑点がみられ、そのなかに、はっきりとした黒色の斑点が4点あります。成虫は8月下旬から9月上旬のシバハギの開花時期に合わせて羽化します。成虫のメスはシバハギに産卵し、ふ化した幼虫は、主にシバハギの花やつぼみ、未熟の種子を食べて成長します。このため、幼虫も成虫もシバハギが生育している場所でしか見られません。
 シバハギ(柴萩)はマメ科の多年草で、低い山地の日当たりの良い草原などで生育します。地を這うように生えるため、周りに草木が繁る環境では生育できません。シバハギが繁茂するような環境を維持するためには定期的な草刈りなど、人の管理が必要となります。
タイワンツバメシジミの生息域は、九州、四国の南部、南西諸島に分布していますが、現在、実際に確認される地域は、ごく一部となっています。県内では大野岳以外では、ほとんど見ることができなくなりました。環境省のレッドリストでは、「絶滅危惧1B類」(近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの)に選定されています。
 タイワンツバメシジミの繁殖には、シバハギの生育が必要であり、大野岳山頂は、地元住民や保存会が草刈りなどの保護活動を積極的に行っています。こうした繁殖環境を保護し、後世に残していくために市の天然記念物に指定しました。小さくて可憐なタイワンツバメシジミの保護にご協力をお願いいたします。


by yari1311 | 2018-09-25 19:51 | Comments(0)

2018年タイワンツバメシジミ佐賀

2018年9月2日■佐賀県伊万里市
タイワンツバメシジミ
初撮影!
e0194952_20314106.jpg
長崎のワンツが空振りに終わり
佐賀へ移動
ここは保護地の情報がありもちろん行くのは初めて

どれだけ居るのか、観れるのか、撮影させて頂けるのか

不安も有りました。

到着すると、保護の方がおられ聞くことに

昨日は数頭観たとの事。

柵内は入れない。

最初は中々見つけられず苦戦!

タイワンの冠無しのただのツバメシジミです。

こんな時にややこしい(@_@;)
e0194952_20435000.jpg

絶対見つけてやる何て思いながら

ヤマトシジミばかり観ます。

食草のシバハギの周りを観て、想像しながら

この辺か?30分位探した時にようやく

それらしい青い小さなシジミ蝶を発見!

ヤッター(^O^)/

間違い無くタイワンツバメシジミです。

e0194952_20314912.jpg


e0194952_20320048.jpg


e0194952_20321003.jpg


e0194952_20322214.jpg



e0194952_20324242.jpg


ここは天然記念物に指定され

保護されています。

もちろん採集禁止。

成虫も幼虫の卵も。

残念ながら昨年卵を持ち帰る方が居たとか

悲しい話です。

防犯カメラを設置してます。

保護されてる方の努力を無駄にしないでください。


雌の写真等は後日に
後日



by yari1311 | 2018-09-20 21:10 | Comments(0)

初めての長崎遠征(タイワンツバメシジミ狙い)

2018年9月2日■長崎県平戸市

2009年から蝶の撮影を始め、

いつかはタイワンツバメシジミに挑戦したいと思っていました。

中々チャンスに恵まれず?

行けば撮れる位、根拠のない安心感が有ったのでしょう

ここ数年状況が変わり、中々撮影情報も少ない様で、

急遽挑戦することに

最初は平戸市の先にある生月島へ

早朝に小さなシジミ蝶の姿が・・・クロツバメシジミです。
e0194952_09350118.jpg
朝鮮半島亜種は初撮影です。
e0194952_09350852.jpg


e0194952_09351586.jpg

その他キタキチョウ・ヤマトシジミ・ウラナミシジミを確認

目的の蝶は居ません。

以前撮影した記録が有る平戸島へ移動する事に・・・

最初出迎えてくれたのはヤマトシジミ

e0194952_09354718.jpg


e0194952_09353413.jpg


e0194952_09360029.jpg
目的のタイワンツバメ・・・ワンツは・・・

探せど姿が・・・

少し範囲を広げて探すも・・・まだ観たことが無いワンツ


少し心を和ませてくれたのは、今年初撮影のモンキアゲハ
e0194952_09362328.jpg


e0194952_09363223.jpg


e0194952_09364593.jpg

アゲハは沢山・・
e0194952_09371317.jpg


e0194952_09372354.jpg

アオスジゲハ
e0194952_09374212.jpg

一番の期待の場所でしたが・・・・残念です。



ワンツの姿を観る事が出来ませんでした。

時間も限られており、最後の砦へ移動する事に


by yari1311 | 2018-09-20 10:00 | Comments(0)

自宅のクマソ2頭・・ケイトウに

2018年8月26日■大阪府阪南市自宅

8月23日に最初の1頭来てから、今日は2頭の雄を確認。

朝、ケウトウに来たクロマダラソテツシジミを撮影してたところ、

もう1頭のクマソが来ました。


e0194952_14455938.jpg
近くのソテツには食害なし。

e0194952_14460460.jpg
今年も複数確認。

e0194952_14461174.jpg

1頭は23日から留まっていた個体?多分・・そうかな。

                           その後9月1日に1頭確認、

by yari1311 | 2018-09-12 14:55 | Comments(0)

自宅にクマソ(今年も来ました)

2018年8月23日■大阪府阪南市自宅


今年も来ました、自宅にクマソ

食草のソテツも無いのに何故?

夕方の水やりをしてたときに、

少し大きいシジミチョウが・・・・

何時もの居る、飛び方が違います。

クロマダラソテツシジミです。
e0194952_07453127.jpg

温暖化で?今年は去年より早いですね。


by yari1311 | 2018-09-10 07:49 | Comments(0)